高精度6軸慣性計測ユニットDMU30のご紹介です。

 

Northfinder (開発中)

ジャイロコンパス

高精度なMEMS慣性センサ(ジャイロスコープおよび加速度センサ)を搭載し、方位角と姿勢角を検出します。

地中など、GPSや磁気方位コンパスを使用できない場所で計測可能です。

MEMS技術を使用することにより、従来のFOGやRLGを使ったジャイロコンパスと比較し、小型・堅牢・低価格です。

埋設管、測量、科学、資源調査の掘削に適しています。(直径61mm)


特長

  • 方位角検出範囲 ±180°
  • 姿勢角検出範囲
      ロール角 ±180°
      ピッチ角 ±90°
  • 計測時間 240秒
  • 方位角誤差 < 1°(typ.)
  • 姿勢角誤差 < 0.1°(typ.)
  • 電源電圧 24 ±2 VDC
  • 消費電力 < 6 W
  • 温度範囲 0 to 65 ℃ (Operation & Storage)
  • サイズ Φ61mm×250mm
  • 重量 1.3 kg
  • 通信方式 RS422
  • 電気的インターフェース D-sub 9ピン